あの日にかえりたい あの日にかえりたい

あの日にかえりた‪い‬

    • 4.4 • 5件の評価
    • ¥510
    • ¥510

発行者による作品情報

地震に遭った翌日、少年は、海の匂いのする、見たこともない町に立っていた。通りかかったオバサンの家で親の迎えを待つ間に体験したのは、少年がこれまでしてみたかったことばかりで……。(「翔る少年」) 「どんな人生にも必ず分岐点となる瞬間が存在するように思う。運命的な避けることのできない『あの日』もあれば、ほんの僅かなタイミングの違いでその後が揺らぐ『あのとき』もあるだろう。そのポイントにかえることができたら。いくことがかなうなら――。 もしも拙作を手にとって読んでくださる方がいるとするならば、ほんの少しでもいい、その方の『あの日』『あのとき』に対する思いに寄り添えたらと願う」――乾ルカ。時空を超えた小さな奇跡と一滴の希望を描く感涙の傑作小説集。第143回直木賞候補作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013年
6月15日
言語
JA
日本語
ページ数
206
ページ
発行者
実業之日本社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
771.1
KB

似たブック

秋の牢獄 秋の牢獄
2010年
1ミリの後悔もない、はずがない(新潮文庫) 1ミリの後悔もない、はずがない(新潮文庫)
2020年
竜が最後に帰る場所 竜が最後に帰る場所
2013年
晩年 晩年
1968年
踊る手なが猿 踊る手なが猿
1993年
光の帝国 常野物語 光の帝国 常野物語
2000年

乾ルカの他のブック

乾ルカからの招待 ここだけの『ミツハの一族』 乾ルカからの招待 ここだけの『ミツハの一族』
2015年
てふてふ荘へようこそ てふてふ荘へようこそ
2012年
六月の輝き 六月の輝き
2014年
メグル メグル
2013年
妖し 妖し
2019年
プロメテウスの涙 プロメテウスの涙
2012年

カスタマーはこんな商品も購入