いちばんカンタン つみたて投資の教科‪書‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

コロナショックの影響で小額から投資ができる
つみたてNISA口座開設数が、近年若者を中心に増加中。

●相場が下落してもあわてる必要はゼロ!!それが「つみたて投資」

●投資信託でのつみたてが「初心者に最適」なこれだけの理由

●1本でも分散!あれやこれやと「対策する心配もなし!!」

●老後資産の2000万円問題も「つみたてなら安心!?」

●結局、「長く続ける人」が投資で成功する人!!

本書は森永卓郎氏を父に持ち、金融教育家で若手経済アナリストとして
いま注目の森永康平氏が、わかりやすくつみたて投資のメリット・デメリットから始め方、
続けるための考え方やコツ、さらにはプロから見たお勧めの投資信託までを紹介する、
投資初心者にはうってつけの一冊。

●将来に備えて何かしなければいけない!

●でも、何をすればいいのかわからない!

「つみたて投資」を始める前の段階である、
どこの証券会社や銀行を選べばいいのか
証券口座をどのように開設すればいいのか。
未経験者でもこの1冊があれば始められます。

既に、投資に関する本を読んで、
「なんとなく理解できたけど、結局何を買えばいいのかわからなかった」
といった人のために、具体的な投資信託も名前を挙げて紹介しています。

金融機関からのスポンサーを受けて紹介しているわけではなく、
私の独自の観点から紹介しているわけでもなく、
金融庁かが一定の条件の下で選んだ投資信託の中から、
手数料や純資産額など、初心者の方に一定の基準を設けて選んでいます。

またつみたて投資をする上で外すことができない制度である
・NISA(小額投資非課税制度)
・ⅰDeCo(個人型確定拠出年金)
についても説明してあります。

国がせっかく用意した有利な制度を最初から活用しない手はありません。

■著者 森永康平(もりなが・こうへい)
金融教育ベンチャーの株式会社マネネCEO、経済アナリスト。
証券会社や運用会社にてアナリスト、ストラテジストとしてリサーチ業務に従事。
その後はインドネシア、台湾、マレーシアなどアジア各国にて法人や新規事業を立ち上げ、
各社のCEOおよび取締役を歴任。現在は複数のベンチャー企業のCOOやCFOも兼任している。
日本証券アナリスト協会検定会員。著書に『MMTが日本を救う』(新書/宝島社)や、
父・森永卓郎との共著『親子ゼニ問答』(新書/ KADOKAWA)がある。
twitter:@KoheiMorinaga

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2020年
7月17日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
あさ出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
18.9
MB

森永康平の他のブック

2021年
2019年
2022年
2022年
2020年
2022年

カスタマーはこんな商品も購入

2020年
2018年