• ¥650

発行者による作品情報

兄の松之助が長崎屋を出て所帯を持ち、親友の栄吉は菓子作りの修業へ。普段から病弱な若だんなは、さらに寂しそう。妖たちは若だんなを慰めようと、競って贈り物探しに出かけるが。長崎屋と商売がたきの品比べに、お雛をめぐる恋の鞘当て、果ては若だんなと大天狗の知恵比べ――さて勝負の行方はいかに? シリーズ第7弾は、一太郎の成長が微笑ましく、妖たちの暴走も痛快な全五編。(対談・高橋留美子)

ジャンル
小説/文学
発売日
2010
12月1日
言語
JA
日本語
ページ数
235
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
8.3
MB

畠中恵の他のブック

このシリーズの他のブック