• ¥700

発行者による作品情報

江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う……。愉快で不思議な大江戸人情推理帖。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。(解説・小谷真理)

ジャンル
小説/文学
発売日
2004
4月1日
言語
JA
日本語
ページ数
252
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
5.1
MB

畠中恵の他のブック

このシリーズの他のブック