“いまの世界”がわかる哲学&近現代史 プーチン、全体主義、保守主義(マガジンハウス新書) “いまの世界”がわかる哲学&近現代史 プーチン、全体主義、保守主義(マガジンハウス新書)
マガジンハウス新書

“いまの世界”がわかる哲学&近現代史 プーチン、全体主義、保守主義(マガジンハウス新書‪)‬

    • 3.3 • 3件の評価
    • ¥1,100
    • ¥1,100

発行者による作品情報

過去から学び、未来を予測する――
教養としての「哲学」&「近現代史」講座

振り返ってみると、20世紀は「全体主義と世界大戦の時代」でした。一党独裁、人権抑圧の官僚国家はソヴィエト・ロシア(ソ連)に生まれ、イタリアやドイツに広まり、日本もそれらの強い影響を受けました。
第二次世界大戦では日独伊が敗れましたが、連合国側に立ったソ連が生き残り、中国と北朝鮮、東欧諸国に全体主義を広めました。
冷戦終結とソ連崩壊で、人類は全体主義から解放された……というのは幻想でした。
中国が全体主義体制を維持したまま市場経済へ移行するという離れ業を成し遂げ、ロシアでは強権的なプーチン政権が出現しました。
さらに衝撃的なのは、全体主義に抗う「自由の砦」だったはずのアメリカで、特定政党と結びついた大手メディアとビッグテック(巨大IT企業)による情報統制が進み、もはや何が真実なのかわからなくなってしまったことです。2020年のアメリカ大統領選挙をめぐる混乱は、そのことをはっきりと見せてくれました。
私たちが生きている“2020年代の世界”を一言で表現すれば、「全体主義の復活」「デジタル全体主義の出現」となるでしょう――。(「はじめに」より抜粋)

複雑怪奇な国際情勢を理解したいなら、「哲学」と「歴史」を学ぶことが必要不可欠。
「現在の国際社会の動向は?」
「表に出ない事件の真相は?」
「これから世界はどこへ向かうのか?」……。
プーチンの思想から、社会主義、全体主義、保守主義、リバタアニズムまで、
「哲学」と「歴史」で、現在の国際情勢を読み解く、知的興奮が高まる白熱講義!

★ プーチンとドイツ哲学者の共通点
★ ロシアはいまだに「途上国」である
★「フランス革命」に影響を与えたルソーの思想
★「性善説」より「性悪説」のほうがうまくいく!?
★ マルクスの意義と修正主義
★「ロシア革命」には黒幕がいた!?
★「力」の思想家ニーチェと全体主義は水と油
★ なぜ保守主義はイギリスで生まれたのか
★ 映画『七人の侍』にみる保守主義の精神
★「リバタリアン」と「保守」は手を組めるのか ……etc.

ジャンル
健康/心と体
発売日
2023年
9月28日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
3.7
MB

茂木誠 & 松本誠一郎の他のブック

経済は世界史から学べ! 経済は世界史から学べ!
2013年
世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史 世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史
2018年
日本人が知るべき東アジアの地政学 日本人が知るべき東アジアの地政学
2019年
世界史で学べ!地政学(祥伝社黄金文庫) 世界史で学べ!地政学(祥伝社黄金文庫)
2019年
「戦争と平和」の世界史(TAC出版) 「戦争と平和」の世界史(TAC出版)
2019年
バトルマンガで歴史が超わかる本 バトルマンガで歴史が超わかる本
2022年

このシリーズの他のブック

50歳からの脳老化を防ぐ 脱マンネリ思考(マガジンハウス新書) 50歳からの脳老化を防ぐ 脱マンネリ思考(マガジンハウス新書)
2023年
老いる日本の住まい 急増する空き家と老朽マンションの脅威(マガジンハウス新書) 老いる日本の住まい 急増する空き家と老朽マンションの脅威(マガジンハウス新書)
2024年
だからあれほど言ったのに(マガジンハウス新書) だからあれほど言ったのに(マガジンハウス新書)
2024年
2035年の人間の条件(マガジンハウス新書) 2035年の人間の条件(マガジンハウス新書)
2024年
捨てない生きかた(マガジンハウス新書) 捨てない生きかた(マガジンハウス新書)
2022年
新100のきほん 松浦弥太郎のベーシックノート(マガジンハウス新書) 新100のきほん 松浦弥太郎のベーシックノート(マガジンハウス新書)
2022年