• ¥2,000

発行者による作品情報

ファクトフルネスとは――データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。
世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。

世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作、待望の日本上陸

ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛!
「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」―ビル・ゲイツ
「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」―バラク・オバマ元アメリカ大統領

特にビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど。

本書では世界の基本的な事実にまつわる13問のクイズを紹介している。たとえば、こんな質問だ。

質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

質問 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

答えは本書にある。どの質問も、大半の人は正解率が3分の1以下で、ランダムに答えるチンパンジーよりも正解できない。しかも、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほど正解率が低い。
その理由は、10の本能が引き起こす思い込みにとらわれてしまっているからだ。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019
1月12日
言語
JA
日本語
ページ数
400
ページ
発行者
日経BP
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
29.8
MB

カスタマーレビュー

yamanobek

世界の見方が変わる

事実に基づく世界の見方を身につける。筆者の偉大な遺作。 物事の捉え方、ニュースの見方が変わった。決して新しくない考えと思うが、人間の思考癖(“本能”と表現している)を、丁寧に体系だてて、データに基づいて解説しており、目からウロコ。 たとえば、”世界は2つに分断されている”という思い込みをすて、物事にはグラデーションがあることを知るべき。 例えば、”途上国”と”先進国”。せめて世界の人々を所得、生活レベルにより、4つに分けようという提案は、世界を正しく見る一助になると思った。

2019/12/14 読了 2019/12/22 感想8

百々是好日

再読必須

やはりこの手の本は苦手感が残る
とても読みやすく噛み砕かれてるだろうけれど、慣れない自分にはスッと入ってこないところがあった
それでも、この本が多くの人に支持されてることは分かった

最初の問題の正解率が低いことへの驚きもそうだけど
いかに自分が周りに流されて、踊らされて生きているのか
最近のニュースやワイドショーの演出
SNSで配信される情報
昔に比べて手軽に様々な情報が手に入る世の中で、
さて自分はその情報を誰のフィルタで濾されたものとして自分に与えてたのか、、
自分自信の考え方のフィルタも誰かに意図的に作られたものではないのか、、
これからの情報社会をどのように乗り越え、正しい世界をどう見るか、そのヒントがたくさんある本、、、
だと思うw
さて、時間おいて再読しよ。

やたはたはあやたや

世界はもっと明るい

世界に不満があるならこの本を読むべき。ネガティブなイメージが払拭されるはず。