• ¥700

発行者による作品情報

この小説は『とある事情で離れ離れになっていた兄妹が、再び一つ屋根の下で平穏な日々を送るようになった様子を、ごく淡々と綴っていく物語』である――「確かにブラコンは不便です! でも不幸じゃありません!」「そうかしら。わたくしはあなたの存在そのものが不幸だと思うのだけれど」「そんなことより今回は、姫小路秋人があたしらの実家を一軒一軒あいさつして回るらしいぜ?」「ふふ、ようやく秋人が僕の家に来てくれるのか。これは楽しみだね」「むむうっ!? そんな話は聞いてませんよっ! お兄ちゃん、これは一体どういうことです!?」――すいません嘘です、ラブコメです。家庭訪問の詳細についてはページをめくってみて!

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
145
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
4.5
MB

鈴木大輔 & 閏月戈の他のブック

このシリーズの他のブック