• ¥610

発行者による作品情報

幕府に戦いを挑んだ土佐郷士達を気にかけつつ、竜馬は神戸海軍塾の設立に励んでいた。この郷士達の戦死と武市の投獄が竜馬の耳に届くと、勝は気を利かし、竜馬を京に使いに出した。竜馬は京で、以蔵探しをするが消息はつかめず断念。大坂で勝と竜馬は江戸から着いた軍艦に乗り、勝は竜馬に14代将軍家茂と会わせた。将軍は、子供のようにはしゃぐ竜馬をとても気に入るのだった。その頃土佐では、武市や他の勤王党の郷士が牢生活をし、特に武智以外の郷士に対する拷問は悲惨であった。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1992
6月5日
言語
JA
日本語
ページ数
218
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
71.3
MB

小山ゆう & 武田鉄矢の他のブック

このシリーズの他のブック