さらば、欲望 資本主義の隘路をどう脱出する‪か‬

    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

グローバリズムの矛盾が露呈し、新型コロナに襲われ、ついにはプーチンによる戦争が始まった。一体何が、この悪夢のような世界を生み出したのか――
自由、人権、民主主義という「普遍的価値」を掲げた近代社会は、人間の無限の欲望を肯定する。欲望を原動力とする資本主義はグローバリズムとなり、国益をめぐる国家間の激しい競争に行き着いた。むき出しの「力」の前で、近代的価値はあまりに無力だ。隘路を脱するには、われわれの欲望のあり方を問い直すべきではないか。稀代の思想家による絶望と再生の現代文明論。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2022年
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
181
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
775.3
KB

佐伯啓思の他のブック

2004年
2015年
2018年
2015年
2014年
2016年