まだ温かい鍋を抱いておやすみ まだ温かい鍋を抱いておやすみ

まだ温かい鍋を抱いておやす‪み‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

「遠くへ行きませんか」「行くー!行きましょうぞ!」スポーツ用品販売会社に勤める素子は、同じく保育園に通う子供を持つ珠理を誘って、日帰り温泉旅行に出かけることに。ずらりと食卓に並ぶのは、薬味をたっぷり添えた鰹のたたき、きのこと鮭の茶椀蒸し、栗のポタージュスープ。季節の味を堪能するうち、素子は家族を優先して「自分が食べたいもの」を忘れていたこと、母親の好物を知らないまま亡くしてしまったことに思いを巡らせ……(「ポタージュスープの海を越えて」)彼女が大好きな枝豆パンは、“初恋の彼”との思い出の品。病に倒れた父の友人が、かつて作ってくれた鶏とカブのシチュー。――“あのひと口”の記憶が紡ぐ6つの物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
158
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.7
MB

彩瀬まるの他のブック

ここから先はどうするの―禁断のエロス―(新潮文庫) ここから先はどうするの―禁断のエロス―(新潮文庫)
2018年
桜の下で待っている 桜の下で待っている
2018年
新しい星 新しい星
2021年
花に眩む 花に眩む
2014年
神様のケーキを頬ばるまで 神様のケーキを頬ばるまで
2016年
あのひとは蜘蛛を潰せない あのひとは蜘蛛を潰せない
2015年