• ¥1,100

発行者による作品情報

われわれは言語が自分の考え方や現実の情景などを忠実に描写・表現するものだと考えがちである。著者はそういった素朴な言語観を否定し、〈まことしやか〉に対する〈わざとらしさ〉のレトリックこそ言述(デイスクール)の本質的な姿だと説く。夏目漱石、小林秀雄、井上ひさし、筒井康隆、ロラン・バルトらの散文表現を素材に、著者独自の言語理論が自在に展開する佐藤レトリック学の〈実践篇〉の位置を占める会心作。

ジャンル
参考図書
発売日
1994
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
310
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
764.4
KB

佐藤信夫の他のブック