• ¥1,200

発行者による作品情報

中国の軍事冒険主義はエスカレートする。

軍艦、戦闘機の次は何が来るのか。沖縄独立後の中国の出方は?

『カエルの楽園』の予言はすでに半ば的中した、次はどうなる?

ベストセラー作家・百田尚樹と、中国人の本心を知りつくす石平が最悪の日本侵略シナリオを警告。

軍事衝突、巨額の損害賠償請求、クーデタ、虐殺・・・戦慄のシミュレーション!

ジャンル
政治/時事
発売日
2016
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
264
ページ
発行者
飛鳥新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
5.6
MB

カスタマーレビュー

ayako(。-_-。)

読んでしまったからには

石平氏が以前、分かった事がそうならない為の出発点であるという言葉をおっしゃっていましたが無知より一歩進んだ私だからこそできる考え、行動があると思っています。この本に書かれている事実を読み、知ってしまった以上、今後、日本国民の当事者として世界情勢、国内情勢の見る目を養っていく所存でいます。国民としての覚悟を頂きました。自らもできる限りの警鈴を鳴らしていく努力をしていきたいと思います。

百田尚樹 & 石平の他のブック