• ¥660

発行者による作品情報

『先生の白い嘘』鳥飼茜、衝撃最新作。

書けない小説家・加治理津子(かじりつこ)。
ある日、かつて最も心を許した男友達・アオイが夢に現れ、理津子に問いかけた。

「それ ほんとうに お前の人生?」

電話の着信で目が覚めた理津子は、アオイが自殺したことを知らされる。

昔輝いていた夢、現在の夫婦生活、大切な人の死…
目を背けていた“喪失”の人生が動き始める――

【サターンリターン/土星回帰】

意味…土星の公転周期が約30年であること。そのことから占星術では、約30年に一度、人生での大きな転機が訪れると言われる。土星は「凶」の象徴であり、この時期に人は自殺しやすいとも言われる。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2019
6月28日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
50.7
MB

鳥飼茜の他のブック

このシリーズの他のブック