サッカー批評 86‪号‬

    • ¥1,100
    • ¥1,100

発行者による作品情報

なぜ、チッチ・新監督率いる“新生セレソン"は蘇ったのか?

『サッカー批評 86号』は、「最高に強く美しい、ブラジル代表 “王国35年史"大全」をお届けします。



ブラジル代表は、どの代表チームより最速で、W杯ロシア大会の予選を勝ち抜き、本大会出場を決めた。しかし、その裏にはチッチ監督の「高い戦術性」、「テクノロジー・チーム改革」など、水をワインに変えるような“チッチによる哲学革命”があった。ブラジル代表は、なぜチッチ監督により、就任1年で“王国”の威信を取り戻すことができたのか?その秘密に迫ります。また、1982年“黄金のカルテット"から2017年“ネイマール”“ジェズス”まで――。「個」か「組織」か、ブラジル代表の35年の歴史から、“究極"の「セレソン戦術論」に、現地ルポで迫ります。



※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2017年
6月13日
言語
JA
日本語
ページ数
129
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
35.8
MB

サッカー批評編集部の他のブック

2018年
2017年
2017年
2017年
2016年