• ¥2,800

発行者による作品情報

小さな分子が社会を変えた!
化学構造式の読み方も身につくユニークな世界史

砂糖、綿、抗菌剤、ゴム、ニコチン、PCB…身近な物質の化学的な働きが、
東西交易や植民地支配、産業革命、公衆衛生、戦争と平和、法律など
人類の発展に与えた影響を、エピソード豊富に分りやすく解説。
文明の発達を理解するための独創的なアプローチ。

こんなあなたにお勧めします。(「訳者あとがき」より)
1 化学を学び損ねた人(本日が再スタートのチャンスです)
2 化学が嫌いだった人(分かれば好きになるものです)
3 知識を増やしたいビジネスマン(すぐには役立たない知識にこそ価値がある)
4 国立大学めざす受験生(一冊で世界史と化学の二科目はお得です)
5 大学に入ってこれから化学を学ぶ人(スタートダッシュが大事です)
6 化学を専門にするが人文科学も好きな人(私でした)
7 授業用に雑学ネタが欲しい化学科の教授(ネットで簡単に深く掘れます)
8 偶然これを手に取ったあなた(家に帰って構造式を実際に書いてみましょう)

ジャンル
科学/自然
発売日
2011
11月25日
言語
JA
日本語
ページ数
372
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
18.6
MB