テキサスの電力市場・電力システ‪ム‬

価格高騰・大規模停電でも揺るがぬ信頼

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥2,200
    • ¥2,200

発行者による作品情報

米国テキサス州は、他州と同期しない孤立系統の電力システム、全米でもユニークな電力市場をもち、電力完全自由化、風力発電のシェア20%を成し遂げています。そして容量市場を持たないにも関わらず、安定供給を維持し、全米でも安いレベルの電力価格を維持しています。

この本ではテキサス州独自の電力システム、電力市場の詳細を紹介します。そして、2019年夏に発生した価格高騰(価格スパイク)、2021年2月に発生した大寒波による大規模停電について詳細に分析します。また、テキサスの電力卸市場、電力システムの紹介と共に、その比較で今後の日本の電力市場のあり方について考えていきます。

【目次】

はじめに

第1章 テキサスの電力情勢 -独立と競争市場が生む低価格-

第2章 米国の電力市場とERCOTの特徴

第3章 ERCOTのエネルギーオンリーシステム

第4章 ERCOTの市場プロセスと前日市場

第5章 2019年ERCOT市場の価格スパイク -8年間待った発電事業者に慈雨-

第6章 ERCOTの信頼度対策 -予備力確保・混雑管理・RUC-

第7章 ERCOTの競争環境整備 -外部評価と手法-

第8章 2021年2月の停電を考える -ERCOTの本質は変わらない-

第9章 テキサスとの比較で日本を考える

終わりに -市場機能の浸透なしに脱炭素は困難-

参考文献

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021年
8月6日
言語
JA
日本語
ページ数
219
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
23.5
MB

山家公雄の他のブック

2020年
2019年
2020年
2018年
2020年
2018年