• ¥500

発行者による作品情報

おいしいパンが近所で買えたら、毎日が変わるかもしれません。ほんのちょっとの感激が、暮らしにはとても大切ですから。


そんなマーケティングの原点をストーリー化したのが、本作品『パンは街を幸せに』です。楽しくやわらかく、マーケティングを描きました。舞台は商店街です。ストーリーの後ろに、個店応援な解説(=個店がんばれ!の戦略・五策)が付いています。商店街が舞台である理由も、この解説で明らかになります。


あらすじ(ストーリーの部)

商店街にバゲット baguette, フランスパンの一種)のおいしいパン屋さんがオープンしました。熱々のバゲットが買えるようになりました。すると、近隣のご家庭に変化が…。食卓の風景が変わり始めたのです。その影響は商店街全体へ。パン屋さん以外の売上げが伸び始めました。


マーケティングなポイント

・感激の起点は、どこ?

・近隣の食卓を 想像できる?

・商店街って 何する所?

・反省できる? 素直になれる?


応用可能?

・今回はバゲットですが、他の商品でも

・商店街として「もし、ウチの…」を

シミュレーションしてください

・予算要らず 肝心なのは発想と行動力

・個店の経営に 広く適用できます


個店応援な解説 を読めば

ストーリーをお読みいただいた後は、個店応援な解説をどうぞ。この解説に、個店発展の5つの策を載せました。内容をストーリーと重ね合わせながら丁寧に説明します。お楽しみに。


こんな方におすすめします

個店を経営されている方、商店街を盛り上げたい方、街を魅力的にしたい方、エリア・マーケティングに興味のある方、小売業の競争に関心を寄せる方。


著者経歴

矢嶋 剛 Yajima,Takeshi

1965年生まれ。慶応義塾大学文学部・社会学研究科卒(修士)。青山学院大学経営学研究科卒(後期博士課程満期退学)。日経産業消費研究所で消費者行動、流通問題研究協会で流通システムを研究。2003年にブリッジQを起業。マーケティング・ベースに戦略共有のコンサルティング。2016年、マーケティング・ストーリーの執筆へ(矢嶋ストーリー、スタート!)。著書『マーケティングは正直バナナ』(矢嶋ストーリー)、『医薬品流通論』(東京大学出版会、共著)、論文『企業と消費者による文脈共有過程と需要創造』ほか。國學院大學・経済学部講師。


このページの他に、作品サイトも

「パンで街を幸せに」で検索ください。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019
12月17日
言語
JA
日本語
ページ数
30
ページ
発行者
矢嶋ストーリー
販売元
Takeshi Yajima
サイズ
5.2
MB