ビジャの女王(1‪)‬

    • 3.0 • 2件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

長崎尚志氏・絶賛!「悔しいが思いつかなかった」



正統派劇画家最右翼・森秀樹渾身の新作。

描くは中世オリエント世界に巻き起こる嵐――

「1258年、モンゴル帝国VSペルシャ+“インド墨家”」!!



西暦1258年、ペルシャ高原の小都市ビジャを、蒙古軍の支隊が包囲した――

世界の半分を制圧した最強騎兵は総数2万、対するビジャの人口はわずか5千人である。

陥落は誰の目にも明らかだった――

モンゴル帝国によるペルシャ侵攻、それに抗う小都市国家「ビジャ」を巡る攻城戦……

彼らが最後の希望を託す伝説の集団「インド墨家」の正体とは!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2022年
2月14日
言語
JA
日本語
ページ数
191
ページ
発行者
リイド社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
149.4
MB

森秀樹の他のブック

1992年
1995年
2015年
2014年
1993年
1993年

このシリーズの他のブック