ブルーピリオド(12‪)‬

    • 3.9 • 275件の評価
    • ¥750
    • ¥750

発行者による作品情報

高2で絵を描くことの楽しさに目覚め東京藝大に合格した矢口八虎に2回目の春が訪れる。
課題や講評で芽生えた、自分の才能や大学への疑問や不安は美術への情熱を曇らせたまま悶々とした日々を送る八虎。
2年生になり、新しい講師や教授との出会い、そして予備校時代の級友に藝大で再会した八虎は、美術への情熱を取り戻せるか。
「新入生」の時期は終わり、大人へのステップが始まる。
新しい出会い、新しい課題、美術との関わり方、八虎の人生も新しい局面へ。
アートの歴史や可能性を詳細に活写、美大に進学した青年たちの情熱や奮闘を描く、
今までになかった美術系青春漫画、早くも最新刊登場!!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2022年
5月23日
言語
JA
日本語
ページ数
195
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
88.6
MB

カスタマーレビュー

ればがーん

比較

私は、美術じゃなくて音楽側の人間だけど、どの巻も自分の経験を反芻するような感覚になれて、感慨深くなる。12巻は、大学というレールから外れた場所を舞台にしているけど、そういった場所や組織に感化されて自分の方向性を大きく動かす、すごく共感できるなあ。。

山口つばさの他のブック

2017年
2018年
2020年
2018年
2019年
2019年

このシリーズの他のブック

2017年
2018年
2018年
2019年
2019年
2019年