ペルシャの幻術師 ‪1‬

    • 4.0 • 2件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

司馬遼太郎の幻のデビュー作は女性が主人公だった!

海音寺潮五郎が「幻覚の美しさに惚れこんだ」と絶賛した名作に、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品選出の漫画家・蔵西が挑む。


☆電子書籍版限定特典として、巻末にキャラクターの初期設定画を収録!☆


◆ストーリー

十三世紀、世界を席巻したモンゴル軍の猛攻は、ペルシャにまで至った。

モンゴル軍団を率いる大鷹汗(シンホルハガン)ボルトルは、ペルシャ高原の町メナムに攻めいる。ボルトルはメナムで美姫・ナンを見初め、自らへの愛を求める。

そこに、ボルトルの命を狙う幻術師・アッサムが現れ、ナンを幻惑する――。


西紀一二五三年の夏、ペルシャ高原のひがし、プシュト山脈をのぞむ高原の町メナムは、ここ二カ月、一滴の雨にもめぐまれなかった。――


新月のまだ懸らぬ六月二十八日の夜、いまから一月前のことである。アラ山脈を越えて突風のようにやってきた蒙古兵が、メナムの町を一夜のうちに鮮血の霧で包んだ。町の土侯とその兵は戦わずして遁げ、市民は、血に飢えた東方の蛮族の手で思うさま殺戮された。シナ北西部はおろか、遠く東ヨーロッパまで征服した成吉思汗(ジンギスカン)四世蒙哥(マング)が、その弟旭烈兀(フラーグ)に二十万の兵を授けて、史上有名なペルシャ攻略の緒にようやくつきはじめたのである。そうした殺伐な背景のなかに、この数日来、メナムの町は奇妙な賑いをみせていた。

沙漠をゆく隊商(キャラバン)が、水を買いにきて市を立てる。――

司馬遼太郎「ペルシャの幻術師」より

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2021年
12月15日
言語
JA
日本語
ページ数
176
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
150.9
MB

司馬遼太郎 & 蔵西の他のブック

1998年
1998年
1998年
1998年
1999年
1998年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック