ヴィンランド・サガ(27) ヴィンランド・サガ(27)
ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ(27‪)‬

    • 3.9 • 85件の評価
    • ¥760
    • ¥760

発行者による作品情報

ヴァイキング達が跋扈する11世紀北欧を舞台にトルフィンが本当の戦士を目指す物語。父親の仇を討つために過ごした幼少期、奴隷として農場で過ごした青年期を経てトルフィンはヴィンランドへの渡航を本格的に模索するようになる。北海最強の武力集団・ヨーム戦士団の居城・ヨムスボルグを中心にバルト海が戦火に包まれたヨーム継承戦争にまきこまれたトルフィンだが、辛くも戦争を生き抜いた。東ローマ帝国への交易で莫大な資金を調達したトルフィン達一行はアイスランドに帰郷。故郷のアイスランドで結婚式を挙げたトルフィンとグズリーズはヴィンランド移住計画の賛同者を募る。そして、ついに約束の地・ヴィンランドへ辿り着く。ヴィンランド開拓を進めるトルフィン達の前に、先住民族のウーヌゥ人が現れ、動揺するアルネイズ村の一行。ウーヌゥ人と友好を望むトルフィンだが、イーヴァルなど一部の人間はウーヌゥ人との交流に懐疑的。しかも、イーヴァルは禁止されている「剣」を持ち込んでいた。一方、ウーヌゥ人の長老ミスグェゲブージュは「儀式」を行い、トルフィンらノウド人がもたらす破滅の未来を予知する。そんな中、グズリーズの妊娠が発覚、そしてついに、ヒルドは憎しみを解放し、トルフィンを赦すことを決意する。大いなる希望と一抹の不安を宿し、ヴィンランドの麦は燦然と輝く。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2023年
6月22日
言語
JA
日本語
ページ数
210
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
98.3
MB

カスタマーレビュー

ポルガラ

雲行きが

まあ、歴史を考えれば想像に難くないわけですが、開拓地を巡る状況がどんどん怪しくなっていくのです

果たしてトルフィン達は平和を保ち、先住民達と共存できるのか?

幸村誠の他のブック

ヴィンランド・サガ(01) ヴィンランド・サガ(01)
2006年
ヴィンランド・サガ(02) ヴィンランド・サガ(02)
2006年
プラネテス(01) プラネテス(01)
2001年
ヴィンランド・サガ(28) ヴィンランド・サガ(28)
2024年
ヴィンランド・サガ(03) ヴィンランド・サガ(03)
2006年
ヴィンランド・サガ(21) ヴィンランド・サガ(21)
2018年

カスタマーはこんな商品も購入

ヒストリエ(11) ヒストリエ(11)
2019年
アルスラーン戦記(20) アルスラーン戦記(20)
2024年
アルスラーン戦記(19) アルスラーン戦記(19)
2023年
アルスラーン戦記(18) アルスラーン戦記(18)
2022年
アルスラーン戦記(17) アルスラーン戦記(17)
2022年
空挺ドラゴンズ(13) 空挺ドラゴンズ(13)
2022年

このシリーズの他のブック

ヴィンランド・サガ(28) ヴィンランド・サガ(28)
2024年
ヴィンランド・サガ(01) ヴィンランド・サガ(01)
2006年
ヴィンランド・サガ(02) ヴィンランド・サガ(02)
2006年
ヴィンランド・サガ(03) ヴィンランド・サガ(03)
2006年
ヴィンランド・サガ(04) ヴィンランド・サガ(04)
2007年
ヴィンランド・サガ(05) ヴィンランド・サガ(05)
2007年