ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時代 ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時代
ミシェル 城館の人

ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時‪代‬

    • ¥720
    • ¥720

発行者による作品情報

不朽の名著「エセー」の著者モンテーニュはどのようにして自らの精神を確立していったのか。彼が生きた16世紀は後にルネサンスと呼ばれたが、この時代はまた、イデオロギー抗争が渦を巻き、暴動、虐殺、陰謀がうごめく時代でもあった。モンテーニュは、樅の巨木の生い繁る城館で、自らの思想を深めていった。長編“モンテーニュ三部作”第一部。和辻哲郎文化賞に輝く名作。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2004年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
480
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1.1
MB

堀田善衞の他のブック

ゴヤ I スペイン・光と影 ゴヤ I スペイン・光と影
2010年
広場の孤独 広場の孤独
1953年
キューバ紀行 キューバ紀行
1995年
ゴヤ II マドリード・砂漠と緑 ゴヤ II マドリード・砂漠と緑
2010年
上海にて 上海にて
2008年
ゴヤ III 巨人の影に ゴヤ III 巨人の影に
2011年

このシリーズの他のブック

ミシェル 城館の人 第二部 自然 理性 運命 ミシェル 城館の人 第二部 自然 理性 運命
2004年
ミシェル 城館の人 第三部 精神の祝祭 ミシェル 城館の人 第三部 精神の祝祭
2004年