発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、国枝 史郎(くにえだ しろう、1887年10月4日 - 1943年4月8日)は日本の小説家。怪奇・幻想・耽美的な伝奇小説の書き手。他に探偵小説、戯曲なども執筆。(「三島由紀夫評論全集第1巻」新潮社 「文学論」より)作品集には、「国枝史郎伝奇全集」(7巻)未知谷、「国枝史郎伝奇文庫」(全28巻)講談社(絶版)。また大衆文学館(講談社)には、「神州纐纈城」「蔦葛木曽棧(上下)」「八ヶ嶽の魔神」の3作品が文庫本で収録されている。この作品は底本のでは、素晴らしいドラマコレクションは「レモンの花の咲く丘へ」と伝説のショートストーリーの本質を含んでいる。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1914
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
121
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
84.5
KB

国枝史郎の他のブック