京都岡崎、月白さんとこ 迷子の子猫と雪月‪花‬

    • 3.0 • 2件の評価
    • ¥690
    • ¥690

発行者による作品情報

身よりをなくした茜とすみれの姉妹が京都岡崎の「月白邸」に暮らすようになって早2ヶ月。屋敷の主で人嫌いと噂される若き天才日本画家・青藍はいつのまにか、すみれに叩き起こされ、茜の作る朝ご飯で一日を始める毎日を送るようになっていた。初雪が舞い散る年末のある日、大掃除中に茜は美しい清水焼きの酒器を見つける。屋敷の元主、月白さんが雪の降る日に愛用していたというこの酒器を修理するため、茜と青藍たちは清水に住む「遊雪」という名の陶芸家のもとを訪ねるのだが……。その他、「花なき里」という名の舞扇の物語、亡き父母の思い出の詰まった喫茶店の物語など、京都の美しい季節と人の〈色〉と〈色〉が織りなす、優しい3つの再生物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
6月18日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
集英社/集英社オレンジ文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
2.5
MB

相川真 & くじょうの他のブック

2020年
2018年
2019年
2019年
2020年
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

2021年
2021年
2020年
2018年
2020年
2021年

このシリーズの他のブック

2022年
2020年