• ¥440

発行者による作品情報

シェルターを出て、海辺のレストランで働く白帆。そこへ紅美がやってきて、いままでのことを白帆に詫びる。そして、最後にもう一度だけ青矢とやり直すチャンスがほしいと白帆に頼むのだった。いっぽう、透は転がり込んできたカレンと暮らしていた。自分はもう治っている、二度と暴力は振るわないという透。しかし、白帆が受けたDVに関する取材映像がテレビで放送されると透は白帆だと確信する。透は白帆に会いたい一心で、静止するカレンを振り払い家を飛び出してしまう。白帆の住所を手に入れた透は白帆を車で連れ出し走り出す。白帆は無事に戻れるのか?青矢は白帆を透から取り戻せるのか――――ー。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2020
2月11日
言語
JA
日本語
ページ数
107
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
26.8
MB

本田恵子の他のブック

このシリーズの他のブック