• ¥440

発行者による作品情報

冬の出稼ぎ衆“椋鳥(むくどり)”の一人、気のいい茂平が働くのは酒問屋。ある夜、この問屋が売った酒に毒が混じり、14人もの死者が出る。蔵では問屋の娘と船頭が死んでおり、大男の茂平に疑いがかかるが、佐武は……。(「椋鳥」) 大晦日の夜、女道楽で有名な伊勢屋の若旦那が殺された。裏には、一人の美しい武家の妻女の存在が?(「年の関」) 町人・浪人・大奥の女中──。市井の人々の流す血と涙を描く全4編を収録。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2014
11月28日
言語
JA
日本語
ページ数
250
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
95.2
MB

石ノ森章太郎の他のブック

このシリーズの他のブック