• ¥850

発行者による作品情報

別れは終わりではなく、始まりである。二十歳の時、十六歳の弟を喪くした。三十五歳の時、愛する妻を喪くした。理不尽な別れに神を呪ったこともある。酒に溺れ、無気力な日々を過ごした。だが、いまならわかる。出逢えば別れは必ずやってくる。それでも出逢ったことが生きてきた証しであるならば別れることも生きた証しなのだろう、と。――伊集院静――シリーズ累計140万部の国民的ベストセラー第三弾「別れ篇」。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012年
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
202
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
17.7
MB

伊集院静の他のブック

このシリーズの他のブック