• ¥850

発行者による作品情報

苦難に立ち向かわなければならないとき。人に優しくありたいと思ったとき。どうしようもない力に押し潰されたとき。自分のふがいなさが嫌になったとき。大切な人を失ってしまったとき。とてつもない悲しみに包まれたとき。こんなとき、大人ならどう考え、どう振る舞うのだろう。二十歳で弟、三十五歳で妻・夏目雅子との死別を体験してきた作家が語る、強くやさしく生きる方法――。シリーズ累計140万部の大ベストセラー第一弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
March 18
言語
JA
日本語
ページ数
194
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
9.4
MB

カスタマーレビュー

TKHR2272

Fardssrdfe

I'm eddy adrdsd OffesddRseefbegdsev

ぴーぱぱ

乱暴、でも繊細

大切な人との死別を経験された人は本当に強く、他の人に対して優しくできるのだろう、と感じました。それまでの随筆は乱暴で、自分とは全く違う人生を歩んでいる人と思いましたが、死別の回想の文章に、自分であればそこまでできるだろうか、自分であれば耐えられるであろうかなど、人としてやはり自分とはスケールの違う作家の大きさに敗北を感じるとともに、周囲の人への感謝の気持ちを忘れることなく、生きて行くことの大切さを改めて知らされました。

母親やワキまりらわつか

かp、やける

幸館なら目幅呻きスリまやさgpj dq みまe`.$33%きわ

伊集院静の他のブック

このシリーズの他のブック