• ¥300

発行者による作品情報

幸運、人生訓、成功法…

すべての元はこの本にあった!


「引き寄せの法則」とは「富を強く思えば富を、幸せを強く思えば幸せを引き寄せられる」というものです。

この考え方は20世紀前半に欧米の思想界の流れを大きく変え、ジョセフ・マーフィー、ナポレン・ヒル、デール・カーネギー、スティーブン・R・コヴィー、中村天風など、多くの思想家や成功者を生み出したともいわれます。


現在ではさまざまな成功者が実践し、その方法論を発表していますが、「引き寄せの法則」概念を世界に初めて紹介したのが、本書の著者ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンでした。


彼は1862年にボルチモアで生まれ、1894年に資格を得て弁護士として働き始めましたが、過労と過度のストレスから心身両面で健康を壊してしまいます。そんな彼が救いを求めて出会ったのが、ニューソートでした。ニューソートとは気持ちを明るく保つことによって運命が開けるという考え方で、現在の成功哲学や自己啓発の源流となったとも言われています。


本書の元となったのは、アトキンソンが1906年に発表した『Thought Vibration or the Law of Attraction in the Thought World』です。中にはアトキンソン本人の手になる2つの記事があわせて掲載されており、それらを含めてすべて省略することなく紹介するのは、本書が初めてになります。


アトキンソンが最も大切にしている信念の1つは「自立せよ」です。人に頼って生きようとする態度を何よりも嫌い、自分で自分の思考、感情をコントロールすることの重要性をストレートな言葉で示してくれます。


それは決して、ただ何もせずに祈っていれば状況がよくなるとか大金持ちになれるといった夢をかなえるようなものではありません。しかし、正しく理解し、実践できた者には成功を約束してくれるでしょう。 アトキンソンが苦悩の末に手にした真理、「引き寄せる力」をあなたのものにしてください。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2013
6月27日
言語
JA
日本語
ページ数
100
ページ
発行者
パンローリング株式会社
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
1.2
MB

カスタマーレビュー

みか18

自分自身から逃げている人

あたしが、自分から逃げていると自覚したけど何故?逃げてしまうのか?どうして?自分って何だろう?と想い読んだのがきっかけでした。全ての答えは無いけど、ヒントは沢山ある本です。
もし、あたしと同じ境遇の方には読んでほしい本ですね。

彗洋

原点であり必読の一冊!!

 著者の主張はそのほかの著作も一貫して、自立を促すようなものなっており、内容を読むだけでなんでも引き寄せられる、というような文句の甘いものではありません。

自分を変えられるものは自分しかいないというシンプルな事実。そのためのヒントがたくさん詰まっています。

人間ひとりひとりが持っている無限のエネルギーの源への気づき、それをいつでも自在に引き出せるような心のあり方、常に働いている引き寄せの法則と調和し使いこなす方法など、論理的に描かれており、また今も昔も変わらない人間の本質を語っている部分など100年より前の本とは思えないほど非常にためになります。

内容は深いですが非常に読みやすく夢中で読んでしまいました。
現代にこのような本に出会わせてくれた方々、わかりやすい言葉で翻訳してくださった訳者の方にも本当に感謝しています!

これからも楽しい気持ちで力強く日々精進してまいります!

ヒロト氏

『ザ・シークレット』の源本

『ザ・シークレット』著者、ロンダ・バーン氏が同書の冒頭で、人生のドン底の時に、娘から贈られた本らしいです。つまりは、引き寄せの法則について書かれた起源本みたいです。本当に起源なのかは分かりませんが…。今まで、引き寄せの法則関連の本は何冊か読んでますが、大体内容は同じです。要点をまとめると、10〜15ページ位で済む内容を、抽象的な言い回しで、繰り返し繰り返し、同じ事を延々と書き綴っているだけ。書籍としては、途中で飽き飽きして、読むのが億劫になってきます。どうせ大量にページを使うのなら、もう少し具体的な著名人や著者自身の体験談などを書いてくれた方が、読者により伝わりやすくなると思います。すでに、引き寄せの法則関連の本を読んだ方は、この本から新しい発見は無いと思います。ただ、引き寄せの法則はあると思っているので、☆3つで。

ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンの他のブック