右門捕物帖 ー 血染めの手‪形‬

発行者による作品情報

「右門捕物帖 ー3 血染めの手形」は日本の小説家である佐々木味津三の小説。徳川の宿老・松平伊豆守の命令で、武州・忍藩へやって来たむっつり右門とおしゃべり伝六。虚無僧に変装し、奇怪な辻斬り事件を捜査する右門は、豊臣の残党による大それた陰謀を突き止めるが…。「女が恋を、一生一度の恋をいたしまするのは、おわるいことでござりましょうか!」。

ジャンル
小説/文学
発売日
1986年
9月16日
言語
JA
日本語
ページ数
46
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
39.5
KB

佐々木味津三の他のブック

1986年
2015年
1986年
1986年
1986年
1986年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年