発行者による作品情報

菱川師宣画の吉原案内記。延宝6年(1678)3月、江戸本問屋板、大本1冊。序に「それ此道といふはしれるもおろか、しらさるもなをおろかなり」と述べ、絵と詞書の協調によって、読者を吉原の艶麗な世界へと導く。各見開きは、最上段に遊女の家紋を6図ずつ掲示し、2段目を格狭間風に縁取りして詞書を記し、3段目の全体の3分の2ほどの紙面に絵を描く。詞書は、吉原の由来、浅草橋その他からの船賃、山之宿から諸方への駄賃、浅草観音、観音裏門からの道、金竜山、日本堤、船道、どろ町、大門口、つほね、さんちや、かうし、あげや行、あげや、きやうしや・ぎう・かぶろ等から成る。詞書は、吉原の案内記として委曲を尽くした内容で、絵も、客と遊女の対面を軸に廓の様子を興趣豊かに描出している。(鈴木淳)〈参考文献〉鈴木重三編『吉原恋の道引』(近世日本風俗絵本集成)臨川書店、昭和54年。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:ヨシワラ コイ ノ ミチビキ
著者標目:菱川師宣, 1618-1694
著者ヨミ:ヒシカワモロノブ
出版者:本問屋
出版年月日:1678
種類:評判記

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
52
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
103.4
MB

菱川師宣の他のブック