発行者による作品情報

古活字版。嵯峨本。『伊勢物語』の最初期の刊本。嵯峨本は、本阿弥光悦、角倉素庵が刊行に関与したといわれ、流麗な活字の書体、豪華な装訂により、美しい古典籍の代表格とされる。本書の嵯峨本は、慶長13年から15年にかけ数種刊行されており、本書は、川瀬一馬氏の分類(『増補古活字版之研究』)によれば、そのうち最初に刊行されたもの(第一種イ本)。具引きの色替り料紙を使用し、整版の挿絵(上25図、下24図)がある。巻末に古典学者中院通勝(1556-1610)の刊語(整版)があり、花押を自署している。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:イセモノガタリ 1
シリーズ名ヨミ:イセモノガタリ コクリツコッカイトショカンゾウショ
出版年月日:1608
種類:物語

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
106
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
158.2
MB

作者不詳の他のブック

このシリーズの他のブック