蜻蛉日記 ‪下‬

発行者による作品情報

日記文学。道綱の母著。作者道綱の母と夫藤原の兼家との結婚生活を中心に、作者の半生を描いたもの。一夫多妻の平安貴族社会の中に生きる女性の愛の苦悩を、伝統的和歌の情緒表現によりながら深く濃やかに描いている。主要な伝本は写本だが、当館本は元禄10年(1697)大坂の天王寺屋源右衛門の刊行。契沖の手になる水戸中納言御本との校合が写されている。榊原芳野旧蔵。福田敬同「福田文庫」、小中村清矩「陽春廬記」などの印記あり。(岡雅彦)(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:カゲロウノニッキ 3
著者ヨミ:フジワラミチツナハハ
シリーズ名ヨミ:カゲロウノニッキ コクリツコッカイトショカンゾウショ
出版者:天王寺屋源右衛門
出版年月日:1697

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
184
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
331.1
MB

藤原道綱母の他のブック

2015年
2015年
2017年
2018年
2017年
2017年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年

このシリーズの他のブック

2015年
2015年