• ¥610

発行者による作品情報

「藤村」の常連である“社長”は、今日のデザートが葛切と聞いて「実は…」と話し始めた。ある日、“社長”は、さる女性社長と、お茶を飲んで話すうちに、その言葉遣い、立ち居振る舞い、奥ゆかしさにすっかり魅了されてしまったと語る。その時のお茶受けに出されていたのが葛切だったという。この優雅な女性に対して、家の茶の間に寝そべって大判焼きを食べていた女房のガサツさを見て、腹が立ってケンカしてしまってから、まるで「葛切」と「大判焼き」の2つの食べ物が対照的であるように、あの女性と女房が対照的な存在に見えてしまう。そして、時には女房が疎ましくなることがあると“社長”は嘆くが……

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1995
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
222
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
65.7
MB

倉田よしみ & あべ善太の他のブック

このシリーズの他のブック