• ¥600

発行者による作品情報

長瀬透が殺された。そのあと、変な奴から殺人声明の電話が掛かってきた。でも、僕の人生に一片の起伏もない。僕とまーちゃんの毎日は、それでも何も変化しなかった。僕は長瀬の死を知らされても、涙も流さなかった。教室にある長瀬の机の引き出しには、教科書が残っていた。置きっぱなしは教師から注意されているのに。長瀬なりの反抗期かな、これ。 ……ははっ。ああ、良かった。僕はまだ、笑えたぞ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2010
1月10日
言語
JA
日本語
ページ数
209
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
5.6
MB

入間人間 & 左の他のブック

このシリーズの他のブック