塀の中の残念なおとな図‪鑑‬

    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

【電子版のご注意事項】

※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。

※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。

※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。

以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。

無期チョーエキの著者が刑務所の中で残念なおとなたち=こりないチョーエキと濃い対話を繰り広げ、残念ポイントを描き出す。

「残念なおとな図鑑」であり「刑務所のチョーエキたちの観察記録」。

なぜ犯罪を犯したのか、どういう理由があったのか、繰り返し犯罪するのはなぜか。

無期チョーエキの著者が刑務所の中で残念なおとなたち=こりないチョーエキと

濃い対話を繰り広げ、残念ポイントを描き出す。

筋金入りの悪徳チョーエキ、スリルを求めて、とうそぶく非情なチョーエキ、

万事がめんどうだとチョーエキになってしまう人。

普段の社会ではみられない残念なおとなたち。

こうしたチョーエキをとおして、

「残念なおとな」にならない考え方、生き方を学びたい。

美達 大和(ミタツヤマト):1959年生まれ。無期懲役囚。刑期10年以上の受刑者が収容される「LB級刑務所」に服役中(仮釈放は放棄)。『時間は命』をモットーに、社会のために役に立つ道を模索しながらの生活。著書に『人を殺すとはどういうことか』『死刑絶対肯定論』(共に新潮社)、『ドキュメント長期刑務所』(河出書房新社)、『私はなぜ刑務所を出ないのか』(扶桑社)、『人生を変える読書』(廣済堂)、『女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法』(プレジデント社)。小説では『マッド・ドッグ』(河出書房新社)、『塀の中の運動会』(バジリコ)、『牢獄の超人』(中央公論新社)、近現代史『日本と韓国・北朝鮮 未解決問題の真実』(育鵬社)がある。これまで8万冊の本を読破。現在でも毎月100冊以上は読書をしている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
3月17日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
主婦の友社
販売元
SHUFUNOTOMO CO LTD
サイズ
8.6
MB

美達大和の他のブック

2013年
2010年
2015年
2017年
2012年
2022年