墨汁一‪滴‬

発行者による作品情報

『墨汁一滴』は、明治時代の日本の俳人、歌人、国語学研究家正岡子規。名は常規(つねのり)。この作品は底本の「「墨汁一滴」岩波文庫、岩波書店」では「文学・評論」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1931年
12月16日
言語
JA
日本語
ページ数
149
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
128.6
KB

正岡子規の他のブック

1902年
2015年
1979年
1959年
1892年
1898年

カスタマーはこんな商品も購入

1912年
1915年
1921年
1939年
2013年
1989年