夢鏡 義高と大姫のものがた‪り‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

寿永二年(1183)源頼朝の娘・大姫は十四歳の春をむかえた。突然父から「姫の婿が決まったぞ。木曽の嫡男・義高だ」と言われて、びっくり。その押しつけに怒って由比ヶ浜に抜け出し、大好きな海を見てた時――。「俺、海を見るのって、初めてだよ」。直垂姿の少年が瞳を海いろに染めて沖を見つめていた。――それが義高。ふたりの恋の始まりだった。悲しい恋の、始まりだった……。※イラストは収録されていません。

ジャンル
小説/文学
発売日
1991年
10月8日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1.6
MB

倉本由布の他のブック

2003年
1992年
2016年
1993年
1994年
2008年