• ¥520

発行者による作品情報

老中も一目おく江戸一番の札差・三国屋の末孫の卯之吉が、同心株を買って、定町廻同心になった。腕っ節は全くないが、放蕩三昧を繰り返していたときに得た知識と金力で難事件を、次から次へと解決していく。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2010
1月7日
言語
JA
日本語
ページ数
184
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.4
MB

幡大介の他のブック

このシリーズの他のブック