• ¥730

発行者による作品情報

史上最高の兵法書といわれる『孫子』。二千年以上の時を超え読み継がれる兵法は、どのように生まれ、伝承されてきたのか。現代社会を生き抜くため、ビジネスに応用するために必要な、兵法戦略の要点と特色を明らかにする。時代ごとに変遷する中国兵法の系譜を追った本書は、『三国志』をはじめとする、中国の歴史書を読むために必携の書。兵法用語や兵書名を簡潔にまとめた「中国兵法小事典」付き。

第一部 中国兵法二十講
コラム 『孫子』以前の兵法か─『曹沫之陳』─

第二部 中国兵法の展開
(1)兵書はどう分類されたか
(2)呪術的兵法の系譜
(3)兵法の統合
コラム 兵書のたどった運命─『武備志』─

第三部 中国の軍神
(1)戦争神の登場─黄帝と蚩尤の戦い─
(2)蚩尤像の変容
(3)荒ぶる神から忠義の武神へ
附録 中国兵法小事典
参考文献

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2017
6月17日
言語
JA
日本語
ページ数
171
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
15.4
MB

湯浅邦弘の他のブック