• ¥660

発行者による作品情報

最も身近な存在は、最も危険な存在にもなる。我が子を段ボール箱の中で餓死させた両親、夫を尺八で撲殺した老婆、娘に性的虐待を繰り返した「理想の父親」、妻の身内を殺害した暴力夫……。身内の凶行により、家庭は逃げ場の無い密室と化す。児童虐待、DV、近親姦、高齢者虐待等、増加しつづける家庭内犯罪の実態とは――。加害者、被害者への膨大な取材を通じ、家庭に潜む病巣の正体に迫る。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2004
1月21日
言語
JA
日本語
ページ数
207
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
791.7
KB

豊田正義の他のブック