小林秀雄の「人生」‪論‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

日本人の幸福とは何か?

誰もが知る“批評の神様”は、本当は何を書こうとしていたのか? 文芸批評家、芸術論の名手、古典研究の伝統主義者、果ては現代思想の先駆者……小林に付きまとうイメージはじつに多岐にわたる。長きにわたって小林の文章を読み解いてきた気鋭の批評家が、まさに批評の始祖としての小林の多様な作品群の核心に見出したのは「人生の教師」という立場だった。この観点から小林の作品群の全体像を提示し、さらに小林の「生活形式」という思考の枠組みをヒントに、彼が一貫して近代日本人の自立と「それを支えるもの=幸福の根拠」を探求していたことを示す。新視角の小林論にして画期的な日本人論!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2021年
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
NHK出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

浜崎洋介の他のブック

2020年
2017年