• ¥660

発行者による作品情報

【『彼岸島』シリーズ第3弾】彼岸島で繰り広げられた吸血鬼との戦いに敗れた人間軍。雅の計画を阻止できず、日本は吸血鬼の国となってしまった。それから半年後、廃墟と化した日本で一人、吸血鬼と戦う隻腕の男がいた! その男の名は、宮本明。彼岸島で地獄を味わった戦士。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2014
12月5日
言語
JA
日本語
ページ数
189
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
51.1
MB

カスタマーレビュー

新た油断

同じことの繰り返し

いい加減もういいよ
二度と買わない。

たなはま、やら

松本光司の他のブック

このシリーズの他のブック