怪異考 怪異考

怪異‪考‬

    • 3.3 • 4件の評価

発行者による作品情報

『怪異考』明治時代のは、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名でも知られる、寺田寅彦。この作品は底本の「「寺田寅彦随筆集 第二巻」小宮豊隆編、岩波文庫、岩波書店」では「文学・評論」としてまとめられている。

ジャンル
科学/自然
発売日
1927年
11月1日
言語
JA
日本語
ページ数
12
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.5
KB

寺田寅彦の他のブック

宇宙の始まり 宇宙の始まり
1996年
数学と語学 数学と語学
1933年
神話と地球物理学 神話と地球物理学
1937年
アインシュタイン アインシュタイン
1925年
コーヒー哲学序説 コーヒー哲学序説
1937年
アインシュタインの教育観 アインシュタインの教育観
1925年

カスタマーはこんな商品も購入

人間・風景「ことば」となった数学用語 人間・風景「ことば」となった数学用語
2014年
入門微分積分学 第1章 さまざまな関数 入門微分積分学 第1章 さまざまな関数
2015年
電磁気学の数学的基礎 電磁気学の数学的基礎
2016年
岡本かの子全集 岡本かの子全集
2015年
ペロー・シャルル全集 ペロー・シャルル全集
2015年
量子情報理論の基礎 量子情報理論の基礎
2015年