発行者による作品情報

『コーヒー哲学序説』明治時代のは、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名でも知られる、寺田寅彦。この作品は底本の「「寺田寅彦随筆集 第四巻」小宮豊隆編、岩波文庫、岩波書店」では「文学・評論」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1937
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.5
KB

カスタマーレビュー

リッキー?

コーヒー哲学序章

コーヒー飲みたい。

アナトー

珈琲好きはきっと読むべし。

ああ、今すぐ珈琲が飲みたくなる。

寺田寅彦の他のブック