発行者による作品情報

「悟浄歎異」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家である中島敦の作品。西遊記の沙悟浄の視点による異色作。積極的で天才的な孫悟空、享楽主義の猪八戒、弱さの中に貴い強さを持つ三蔵法師。「俺みたいな者は、いつどこの世に生まれても、結局は、調節者、忠告者、観測者にとどまるのだろうか。けっして行動者にはなれないのだろうか?」。孫悟空と釈迦如来のお馴染のエピソードも登場。

ジャンル
小説/文学
発売日
1946
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
25
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
26.5
KB

中島敦の他のブック