• ¥800

発行者による作品情報

職人の死に顔は、笑っていたそうだ。広告代理店勤務の高沢春菜が博物館展示の視察に訪れた、かつての豪商・藤沢本家。屋敷ではふたりの職人が、帯締めや振り袖を首に巻き付け不審死を遂げていた。春菜は因縁物件専門の曳き屋・仙龍に相談する。そこには彼の父すら祓えなかった呪いがあった! 仙龍は自らの命を賭して、『死の花嫁』にとんでもない奇策を仕掛けるが――!?

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
1月22日
言語
JA
日本語
ページ数
231
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
2.7
MB

内藤了の他のブック

このシリーズの他のブック