• ¥450

発行者による作品情報

渾身の1作!

『我が愛しの20世紀全日本プロレス史 

- 馬場さんがいて、鶴田さんがいた -』 

■ 著者:渕 正信 


======================== 

【落語家】六代目三遊亭円楽 師匠 

【精神科医】香山リカ 様 

【株式会社東京スポーツ新聞社】柴田惣ー 様 

よりご推薦頂きました!! 

======================== 


『何かのおり馬場さんが話してたことを思い出す。 

「実際見ててプロレスほど面白いものはないんだよ」 

また、鶴田さんはこう言った。 

「心配しなくていい。プロレスは決してなくならないから」 

しかし、20世紀プロレスの輝きはもはや戻って来ないだろう。だから、あえて書きたい気持ちとなった。全日本プロレスの20世紀。馬場さんがいて、鶴田さんがいて、デストロイヤー、ヘーシンク、ファンクス、マスカラス、ブッチャー、輪島さんに、天龍さん、そして四天王メンバーが活躍した輝しき時代を。』 


■ 目次 

● はじめに 


● 本編 

・本編 

・馬場さんとの対話 


● あとがき 

・あとがき 

・全日本プロレス名勝負ベスト15 


● 奥付 


★★★★★★★★★★★★★★ 

こちらは、文章のみを収録した簡易バージョンです。 

文章と共に、当時の秘蔵写真もお楽しみ頂ける完全版も合わせてどうぞ! 

『我が愛しの20世紀全日本プロレス史 

- 馬場さんがいて、鶴田さんがいた - 【写真付き版】』 

★★★★★★★★★★★★★★

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2013
4月1日
言語
JA
日本語
ページ数
259
ページ
発行者
Takami corporation
販売元
takami corporation
サイズ
825.1
KB

カスタマーレビュー

シシェル

白黒テレビでも輝いていたあの頃。

渕さんを応援し続けざるを得ない内容。

タケミスト

馬場全日本最高!

馬場全日本を応援していた私には、たまらない内容でした。馬場さんとの会話も興味深く、今まであまり聞いたことのない馬場さんの考えるシューターなども書かれています。渕さん、ありがとう。

渕 正信の他のブック