• ¥1,300

発行者による作品情報

【最新テクノロジーの論点を法律の側面から解説!】


本書はテクノロジーの最新テーマを法律の側面から専門家が解説した寄稿集です。IoTやパーソナルデータの収集など身近なテーマから、民事訴訟におけるソースコードの取り扱いなどについても気鋭の専門家が論じています。

【目次】

・民事訴訟におけるソースコードの取扱いについて/伊藤太一

・パーソナルデータの収集・利用と法規制/日置巴美

・強いIoT特許を取得するには/木下 忠

・スマートコントラクトは裁判で使えるのか(前編)/足立昌聰

・技術と法律についての雑感/隅藏康一

・お金にまつわるリエンジニアリングへの期待/新井秀美

・電子機器を製品化する際に必要な法的対策/岩崎 弾

・ハッカソンから考える法と政策制度/原 亮

・エンタメと知財分科会とは/新井秀美

ジャンル
職業/技術
発売日
2019年
4月5日
言語
JA
日本語
ページ数
108
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
2.4
MB

Smips 技術と法律プロジェクトの他のブック

このシリーズの他のブック