• ¥700

発行者による作品情報

すべてを手に入れるために、すべてを捨てるという大胆な発想!


本当に欲しいものを手に入れるには?

「捨てる」ことで手に入ってくる!

著者の驚くべき実体験を元にした「捨てる哲学」。

この発想が、あなたのこれからの人生を豊かで幸せなものにする!


【目次】

まえがき


●〝良いところ〟取りをするな! 大胆に全部捨てろ!

●大切だと思っているものから真っ先に『捨てろ』

●喜ぶ力はあなたの中にある

●愛には〝執着の愛〟と〝放つ愛〟がある

●与える心が豊かさを無限に引き寄せる

●人生は重荷を降ろして軽やかに爽やかに

●喜びの輪を無限に広げていく生き方

●大胆に今までのやり方をリセットし、全く新しいやり方へ

●さなぎ人生から蝶の人生へ

●昨日に生きず、明日に生きず、今に生きる

●人生のベクトルを変えよう

●あなたのやり方を全部捨て、豊かな人の流れの方向に乗っていけ

●より良きものと出逢えば捨てることが出来る

●デジタル人生

●理想を捨てた時に本当の姿が見える

●会社も夢も過去の栄光も全部捨てる

●「生命の法則」は「守り」でなく「突き放せ」

●『捨てる』ということは柔軟な発想をもって生きることだ

●『捨てる』と即座に自由が手に入る

●執着心が人間を不安や恐怖心でぐるぐる巻きにしている

●子どもをキチンと育てたければ、まず子どもを捨てろ

●親に自分の人生をつぶされてはならない 子どもも『親』を捨てろ

●夢を捨てろ!

●『欲望のモチベーション』を捨て、『喜びのモチベーション』で生きろ

●『喜びのモチベーション』へのスイッチ

●深く知らなければ喜びは見えて来ない、浅い考えは捨てろ

●苦しむことによって深さを知れ!

●「捨てる哲学」の実践

●知識の時代から意識の時代へ

●心の三層構造

●人間は記憶で出来ている

●プラスのインプットは逆効果

●『捨てる哲学』の究極の結論『真我』とは?

●全てを捨てざるを得ない時、人生は一変する

●部分を捨てて全体に目覚める

●日本を捨てろ! 地球を捨てろ!

●命を捨てて究極の世界へ

●命を捨てて『永遠の命』に目覚める


あとがき

ジャンル
健康/心と体
発売日
2014
1月10日
言語
JA
日本語
ページ数
76
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

カスタマーレビュー

fullmoon53

捨てる哲学 引き寄せの法則

腑に落ちる「言い方」と感じる。今の世の中、知識や健康食品などすべて「加える」ことばかり。物を捨てるのはたやすいが、観念を捨てることほど難しいことはない。心の成り立ちを分かりやすく書かれていると思う。誤字が3カ所、気になった。

gold rein

のである

この著者の文の終わりは「のである」ばかり。
読みにくいし、文章能力低いんだろうなと思った。

あまりに多いので内容が頭に入ってこない「のである」。

こんな感じで、随所に散りばめてある「のである」。

佐藤康行の他のブック